シャネル エナメルべたつき補修

エナメルは劣化します。末期ですとエナメル層が割れや剥がれで剥離するのですが、その初期段階の劣化が粘着性のベタベタなのです。 この初期症状は実はお直し可能です。専用の薬剤をスプレーガンで吹き付け、エナメル表面を再形成します。 こちらのシャネルも処置後、回復しました。エナメルは趣きとしては合皮に近いとも思います。状態の良い内に沢山使用してあげるのが吉、ではないでしょうか。